Ever tried. Ever failed. No matter. Try Again. Fail again. Fail better. | 沖縄初!格闘技ブランドリバーサル正規取扱店 EVERGROUND

電話番号 お問い合わせはこちらから
EVERGROUNDメインイメージ

トップページ >> 新着情報 >> Ever tried. Ever failed. No matter. Try Again. Fail again. Fail better.

新着情報

Ever tried. Ever failed. No matter. Try Again. Fail again. Fail better.
2014年1月28日(火)

こんにちは*\(^o^)/*

沖縄は桜が咲き始めてますね!

チェリーピンクのカンヒザクラも好きですが、ひらひらと花びらが散るソメイヨシノが1番好きなMARIKOです。

さてさて、本日はあるテニス選手のお話。

先日、テニスの最高峰、グランドスラムの一つであるオーストラリアオープン(全豪)が行われ、大会当時、世界ランク8位のスタニスラス・ワウリンカ選手が初優勝を飾りました。

ワウリンカはスイス出身の28歳。

世界ランク8位まで上り詰めた彼の戦績は、これまでも見事なものですが、ワウリンカの母国であるスイスには、ロジャー・フェデラーというテニス界のスーパースターがいます。

フェデラーは、私の一番好きなテニス選手で、スポーツのアカデミー賞と言われているローレウス世界スポーツ大賞を4度受賞している素晴らしい選手。

そして、常にフェデラーの影に隠れて「NO.2の男」というレッテルを張られ続けてきたワウリンカ。

正直、私も「フェデラーの国別対抗戦の時のダブルスパートナー」というイメージしかありませんでした。

そんな、フェデラーの影武者と言われてきたワウリンカがグランドスラム36回目の挑戦で初めてチャンピオンになったのです。

ちなみに準々決勝では14連敗中のジョコビッチ(世界ランク2位)に勝ち、決勝戦では12連敗中で1度も勝ち星をつけたことのないナダル(世界ランク1位)を倒しての優勝!

ワウリンカの実力を見せつけた優勝でした。

優勝スピーチでは、対戦相手であったナダルを「素晴らしい選手で大切な友達。」と讃え、優勝したことを「夢を見ているようだ」と、語りました。

素敵な選手だなぁと思うと同時に、いつも格闘技を通して感じている「強い人は優しい」も感じました。

どんな競技でも、トップを極めるには人間力も必要なんだなぁと。

ワウリンカのことがすごく好きになったスピーチであり、オーストラリアオープンでした。

最後に、ワウリンカの腕に刻まれたタトゥの言葉を紹介します。

 

1622180_413565198778483_1831050512_n

 

Ever tried. Ever failed. No matter. Try Again. Fail again. Fail better.

『やることなすこと、何もかもうまく行かなかったとしても、気にすることはない。 またやって、また失敗すればいい。前より上手に失敗すればいい。』 ― 劇作家サミュエル・ベケットの言葉(1906-1989)

彼の気持ちが伝わりますね。

きっと、私が感じる何倍も何十倍も悔しい思いを重ねて、それでも自分を信じてテニスと向き合い続け、自分とも向き合い続けてきたワウリンカの勝利。

本当に本当に素晴らしい☆

今回の優勝で、ワウリンカは世界ランクが3位に上がり、フェデラーを抜きました。

ワウリンカの努力が形になったんだなーと思うとフェデラーファンの私も、とても嬉しくなりました!

諦めないことの大切さを全力で教えてもらった気がします。

やっぱり、人に元気を与えられる「スポーツ」素晴らしいですね*\(^o^)/*

おめでとう!ワウリンカ!ありがとう!ワウリンカ*\(^o^)/*

私も人生に置き換えて

「Ever tried. Ever failed. No matter. Try Again. Fail again. Fail better. 」

色んなこと頑張ろう!!

 

※2月より、エバーグランドは毎週水曜日が定休日となります。